猫のこと

猫への想い

7年前、家の近所で保護した子猫を抱っこした友達とすれ違った。

猫を飼ったことが一度も無かったが、どうにもこうにも強い縁を感じ、その子を引き取る事にした。

モモと言う仮の名前で呼ばれていたその子は、小さい頃から気性が荒く、甘噛みと言うには程遠いほど、すぐに噛み付く猫だった。

でも家族が集まると、自分も寄ってくる。家にマイナスの空気が流れ始めると、誰よりも先にそれを消し去って行くかの如く、深い愛情を振りまいて行く。

その後、別の場所から保護されたタロウとともに、我が家の調和の中心になっている。

外に出ない、家で暮らす猫。

その猫たちのために、私も恩返しの様な気持ちを抱きながら、製品を作り始めた。

それは猫と、一緒に暮らす家族たちのための、お守りの様なもの。

毎日を楽しく、幸せに暮らし尽くしていくためのアイテム。